· 

幼児・児童初期のレッスン

 

幼児期のお子さんは

 

耳や聴覚の発達と

 

手や指、声帯などの

 

音楽表現に必要な

 

筋肉や運動能力の

 

発達との間に

 

とても大きな

 

アンバランスがあります。

 

感覚面が先行して

 

弾いたりする能力は

 

とても追いつきません。

 

児童初期のお子さんも

 

同じような現象があります。

 

幼児・児童初期のお子さんの

 

音楽教育は感覚面を

 

育てながら

 

身体の発達を見ながら

 

演奏表現の能力を

 

育成することを

 

考えなければなりません。

 

4、5、6歳の時期は

 

言葉を覚えるのと同じように

 

何回も聴き

 

真似をして

 

繰り返すことで

 

記憶して

 

音楽の体験を

 

たくさんさせて

 

あげることが必要です。

 

その手段として

 

歌うことはとても

 

重要な手段です。

 

正確な音程で歌い

 

繰り返し覚えていく過程で

 

次第に音感を

 

身につけていきます。

 

真似をして

 

音楽体験をもとに

 

音感を育てることが

 

歌うことの目的ですが

 

鍵盤奏と密着して

 

行うことで

 

効果が高まります。

 

音感としての

 

能力が見えてくるのは

 

鍵盤学習に

 

本格的に

 

取り組む児童期です。

 

幼児期から行った

 

感覚面を育成する

 

歌の指導を継続して

 

次第に鍵盤演奏表現力

 

読譜力を育てていきます。

 

 

 

 

旭川市秋月

いのうえエレクトーン&ピアノ教室